よくある質問

FAQ

作製に立ち会うことはできますか?
事前にご予約して頂き、お越しいただければ、立ち会いは可能です。
日本では、お手元供養作製時にほぼ立ち会うことはできません。「立ち会い」は私達の信条でもあるので、是非、立ち会って下さい。
ペットの遺骨でも作製できますか?
家族の一員でもあるペットちゃんの遺骨でも作成できます。
ご遺骨を自宅においてもいいの?
正式な手続きを経て火葬を済ませたご遺骨は、故人様やご遺族の意志により、自宅で保管することができます。もちろん法律違反ではありません。
また、ご遺骨を加工することは散骨と同様で、現在の墓地埋葬法では規定がありません。
散骨について「葬送の為の祭祀として節度をもって行われる限り問題はない」との法務省の見解と同様、自宅供養のための加工ですので、法律的には全く問題はありません。
お墓が遠くてなかなかお参りにいけない、亡くなった人にいつもそばで見守ってもらいたい、お墓や仏壇は他の親族が守っているが自分も供養をしたい…。様々な理由で手元供養品を選ぶ方が増えています。
分骨してもいいの?
分骨すると成仏できないのではという方もいらっしゃいますが、これは根拠のない迷信です。お釈迦様のご遺骨(仏舎利)も、世界各地に分骨されています。
遺骨はいつ納める?
いつ納めなくてはいけないという決まりはありません。一般的にはお墓へのご納骨の前までに手元供養品を揃え、ご遺族の手でお骨を少し取り分けて納めます。お亡くなりになった時点で手元供養品に納めると決めている場合には、火葬場で小さな骨壷にご遺骨を分けてもらっておくこともできます。また既にお墓に納めてあるご遺骨の場合は石材店に依頼すれば取り出すこともできます。
どれ位の量が入りますか?
納められるご遺骨の量は、おおよそ米粒3粒程度です。
ただし、ご遺骨の量は、多めに送付してください。目安として、1個作製するのに対して、大人の小指の第一関節程度の大きさを送付してください。残ったご遺骨はお返しします。
手元供養品はどこに置けばいいですか?
ご遺族の皆様が普段目にして故人を思い出せる場所に、安置されている方が多いようです。仏壇の中に安置されている方もいますが、決まりはありません。
後々、扱いに困るのではと躊躇しています。
ご購入された方が、体調やご事情でご遺骨を維持するのが難しくなった場合には、次のような方法があります。
・棺に納めて一緒に火葬をする。
・新たにお墓や納骨堂を購入するなら一緒に埋葬。
・親族の本山に一緒に納骨できるなら納骨する。
・散骨する。
いずれにしても、万が一のときにはご遺骨をどのようにしてもらいたいのか、伝えておくことが大切です。
手元供養品を処分する方法は?
手元供養品がご不要になった場合、ご遺骨がない状況であれば白い紙に包むなどして、普通に処理していただいて構いません。
ただ、お名前やお写真が入っているもの、思い入れが強い場合には「お焚き上げ供養」というお寺で供養をしていただき、「魂抜き」をした後に処分するという方法もあります。

その他のご質問・ご要望は、[お問い合わせ]にてお願いします。